鍼灸治療

施術料金・時間

健康保険で鍼灸にかかるには

鍼灸での健康保険の適用が認められている疾患は、神経痛・リウマチ・腰痛症・五十肩・頚腕症候群・頚椎捻挫後遺症の6疾患であることとなります。まずは、鍼灸院で「同意書」を入手し、病院で医師に「同意書」を記入して戴く必要があります。

詳しくは、公益社団法人日本鍼灸師会ホームページを御覧ください。

鍼灸が効く症状

一般的には、身体の疲れから来る疲れ目や耳鳴り、慢性的な身体の痛みやしびれ、五十肩などの年齢から来る関節痛で鍼灸治療を受けられる方が多いです。捻挫や打撲といった怪我も、程度によっては鍼灸治療を併用して治療していくことがあります。その他、鍼灸治療は下記の症状にも適応できます。

胃腸系
  • 下痢
  • 便秘
  • 胃下垂
  • 胃のムカつき
  • 気持ち悪さ
呼吸器系
  • 喘息
  • 風邪を引きやすい
  • せき
  • たんが出る
  • 気管支炎
循環器系
  • 動悸
  • 息切れ
  • 心臓神経症
  • 高血圧低血圧症
腎臓系
  • 頻尿
  • 夜間尿
  • 血尿
  • たんぱく尿
  • 膀胱炎
  • 尿道炎
小児科系
  • アトピー
  • 喘息
  • 夜鳴き
  • 虚弱体質
  • 夜尿
  • 疳の虫
  • 消化不良
  • 偏食
  • 夜驚
婦人科疾患
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 不正出血
  • 不妊症
  • 冷え性
  • 更年期障害
  • 乳腺炎
  • 白帯下
その他
  • むくみ
  • にきび
  • めまい
  • 不眠
  • 神経症
  • 病気ではないが、なんだか不調など

施術の流れ

棒灸は大人、子供両方に施術します。鍼は基本的に、大人には刺す鍼子供には触れる鍼のみで治療します。子供には刺す鍼の刺激が大きすぎるためです。また、施術時間に余裕がある場合は、お体の状態に合わせてかっさを行う時もあります。症状によって施術内容も調整します。

1.脈診・腹診
患者さんの脈や腹部に触れることで、体の不調や違和感に気づくことができます。
2.鍼
刺す鍼と触れる鍼の2種類を使います。鍼は髪の毛ほどの細さで浅く刺すので、痛みは少ないです。鍼は全て使い捨てです。
3.灸
棒灸を使い、火をつけて肌の上にかざします。心地がよく、肌に痕が残らないので安心です。

禁忌事項

症状により、鍼灸治療を行うことができない場合があります。まずはお問い合わせください。

070-5407-3908

【営業日】
  • 水曜日
  • 金曜日
  • 土曜日
【営業時間】
  • 水曜日・金曜日:8:00~12:00/15:00~18:30
  • 土曜日:8:00~12:00